LOVEのバナー
料金 ジャンル
登録無料 メル友/恋人/割り切り
LOVEはとくに若い女の子の書き込みが多い!登録もメールもプロフも無料で使えるから気軽に参加する子が多いサイトです。もちろんセキュリティも充実!だからプライバシーが心配な方も、遠慮なく出会いが楽しめる。
ボタン
愛カツのバナー
料金 ジャンル
登録無料 メル友/セフレ/恋人
愛カツは全国から希望する地域を選んで相手探しができる!10代・20代の女の子とS○Xしたい人におすすめのサイト! 全体的に若い女の子が多く、ノリと勢いですぐSEXまでイケる♪検索機能が使いやすいから理想の相手を探しやすい!
ボタン

シニアセックスフレンド 岡山県



出会いアプリを使って、セックスフレンドを作ることは可能なのでしょうか。それは難しい問題です。出会いアプリは、大きく二つに分けることができます。まずひとつが、出会い系サイトの代わりとしてあるような、純然たる「出会いアプリ」。つまりもともと出会いを提供するために開発されたアプリケーションで、使い方やシステムが、出会い系サイトのそれとほとんど同じというものです。

もうひとつが、出会いのために作られたものではないけれど、出会いを探すのにも使えるというアプリ。LINEやSkypeなどがこれにあたります。
セフレを作ると考えたとき、この二つには、それぞれ問題点があるのです。

まずは、出会い系サイト的なアプリ。こちらは、システムからして、そして利用している人たちの目的からして、出会いを探すことが容易いといえます。が、もしあなたが、恋人ではなく、セックスフレンドを探すというなら、ひとつ問題があります。それは、セックスすることを前提とする出会いを求める女性の大半は、援助交際目当てであるということです。

援助交際、援交とは、男性が女性に金を払ってセックスをすること。現在の相場はホテル代別20000円で、決して安くはありません。これを毎回払ってセックスをすると、出費が馬鹿になりませんし、そもそもそれはセフレとは言いませんよね。女性は商売人、男性は客、パトロンであって、セックスすることのみを目的とする友達とは程遠い関係です。一度の援交から、それ以後はセックスフレンドとなる可能性もゼロではありませんが、お金を貰ってするセックスに味をしめた女性は、普通にするセックスを無価値であると感じているので、ものにするのは難しいといえるでしょう。

それでは、LINEやSkypeはどうか。こちらも、セックスフレンドを作るとなると、難しいものがあります。恋人であれば、話すうちに互いに相手のことが気になりだして……というパターンが考えられますが、ただ話しているだけで「この人とセックスしたい」と感じることは、少なくとも女性側にはあまりないでしょうから、LINEやSkypeなどの出会いアプリを使っても、セフレを探すことは難しいのです。

セフレを作るに大切なこと

セックスフレンドを作るのに大切なことは、始めからその人を「セックスフレンドにしよう」とは考えないことです。みなさんも、出会い系サイトを使ったことがあれば、待ち合わせ場所に来た女性が、まったく好みでなかった経験はあるのではないでしょうか。私もそれで膨大な時間とお金を無駄にしたことに気づかされたという苦い経験があります。

たとえば、そのようにまったく好みでない女性、生理的に嫌悪感を催すほど不細工な女性が待ち合わせ場所に来たとしたら、メールの段階でセックスをすることを約束していても、それを守らない男性のほうが多いのではないでしょうか。何かと理由をつけて逃げるはずです。それは女性も同じで、結局のところ、セックスできるかどうか、セックスフレンドとして関係を続けていけるかどうかというのは、会ってみなければわからないことなのです。

したがって、メッセージのやりとりをしている段階で、セックスをすること、セフレになることを約束してもらうことは、あまり意味がないといえます。会ったときに、もし相手が好みでなかったら、あなたは約束を破るわけですし、女性のほうも同じです。なので、まずは「友達として会うこと」を目標にするのが、最も出会いやすく、ついてはセフレのできる確率の最も高い方法といえるでしょう。

友達として会うだけであれば、有料の、出会い系サイト的アプリを使う必要はありません。LINEやSkypeで話す友達を探す掲示板を利用して、女性を探していけば十分です。

徹底比較!SNS、掲示板、出会い系、セフレ探しに向いているのは?

セックスフレンドを作るなら、出会い系サイトを使うのがよいでしょう。SNSや掲示板等でそのような相手を見つけたという話をよく目にしますが、あれはごく一部の成功例に過ぎません。なぜなら、その仕組み的に、SNSや掲示板で相手を探すのは効率が悪いといえるからです。

たとえばSNS。SNSは、機能は出会い系サイトとまったく同じようなものです。友達検索に、メッセージのやりとりなど、最近の出会い系サイトとまったく同じようなつくりになっています。しかし、SNSで相手を探すときに非常に面倒なのが、「ペナルティ」があることです。SNSは、出会い系サイトではありませんから、出会いや、連絡先の交換を求める発言は禁止されています。それに違反すると、一定期間利用禁止であったり、強制退会といったペナルティを科されてしまうのです。

加えて、そこに登録している人々が、出会い目的でないことが、使いにくさに拍車をかけます。たとえば、10人に出会いを持ちかけたとして、その10人目でデートの約束をとりつけるとします。すると、その他の9人を口説いたときに、ペナルティを科されてしまう可能性は高く、そうなると成功に行き着くまでにかなりの期間を要してしまうのです。

強制退会を食らわずに済んだとしても、1人あたり3日の利用停止とすれば、約1ヵ月ほどの期間を無駄にしてしまうのです。セックスフレンドを探すという人は、今すぐにでもセックスがしたいと考えているケースがほとんどでしょうから、この生殺しはかなりの苦痛になるのではないでしょうか。それに、規約違反をそれほどの短期間に繰り返せば、まず間違いなく強制退会を食らうでしょう。この点、SNSは出会い系サイトには劣ると言わざるを得ません。

でもそこでの成功例、うまくいったという話が目立つのは、ただ単にそこで運よくセフレを見つけた男性が、失敗を一切話さないことに起因します。SNSには、出会いのために登録している人はあまりいません。女性となるとなおさらです。なぜなら、早い話、女性であればいくらでも男を見つけられますからね。もしセックスしたいと思ったら、出会い系に登録してそこで探せばお小遣いまで貰えるんですから、わざわざSNSで金にもならないセフレを探す意味はありません。

よってSNSでは誰とも会うつもりのない「はずれ」を引いてしまうことのほうが圧倒的に多いわけですが、ではたとえば20人にアタックしてようやく1人セフレができた、というのは、成功したうちに入るのでしょうか。それもペナルティのことを考えれば、かなりの長期間粘らなければなりません。

少なくとも、出会い系サイトで探すほうが効率はよいでしょう。有料であることを毛嫌いする男性も多いのでしょうが、たかだか4、5000円の料金をケチって何ヶ月もセフレ探しをするなど、馬鹿馬鹿しいと言わざるを得ませんね。

さてお次に掲示板ですが、こちらはペナルティがありませんので、SNSよりは使えるかもしれません。ですが、向こうの女の子は基本的に出会いを求めていないわけですから、まずデートに持ち込むのに相当の期間を必要とします。それに掲示板には「釣り」というのが付き物で、その様子を生配信する変わった人もいるくらいですから、やはり効率からいって出会い系サイトには劣ってしまうのです。

ちなみに「釣り」というのは、女性のふりをして男性に近づき、デートやエッチをちらつかせて言うことを聞かせ、その反応を楽しむといった一種の遊びのことです。どうでもいいことですが、そういう遊びからおかしな興奮を引き出している変態もこの世にはたくさんいるのです。それに引っかかったとき、最悪個人情報が流出する恐れもあります。それを考えれば、ネット掲示板で出会いを探すことは、かなり勇気の要ることだといえますね。